読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

Grubの修復方法。

ソフトウェア

Linuxを扱う上で一番むずかしいのは起動時に読み込まれるGrubではないかと思います。特にデュアルブートをやているとこの問題で悩まされます。またマルチドライブのシステムでもどうようで、私もGrubが壊れれることがありました。

 それで困ったことはGoogleに相談です。従来Grubの修復はコマンドを入力し、一つひとつ手作業でやる地道な作業でした。それが現在では、コマンドを三行ほど入力してGUIで修復ツールを立ち上げ、クリックひとつで直ってしまうのです。以下にその手順をご紹介します。

 出典ではDVD-ROMがなくて、USBメモリーからブートするようになってますが。その手順を飛ばせばみな同じです。

 

用意するもの

 ・ubuntuのLive CDかUSBなどにインストールされたubuntu環境

 

これだけ。要するに、メインのubuntu以外で起動できる何かしらの環境があればよいと言うことだ。

ちなみに僕は、CD-Rが無かったのでUSBメモリの方を選択した。

こちらは、Windows環境から、下記のツールで構築。

 

ubuntu isoはこちら

Ubuntuの入手 | Ubuntu Japanese Team

USBメモリにisoを焼いてくれる

窓の杜 - 【REVIEW】さまざまなOSのインストール“USBメモリ”を手軽に作成できる「UNetbootin」

 

ということでブータブルUSBメモリをサクッと手に入れることに成功。

続いて、作ったUSBメモリを本体にさして、BIOSのメニューを開いて「USB-HDD」から起動できるように変更。

この辺の操作は、マシンによって違うので説明は省く。僕のPCでは、「起動後のディスクチェック中にDELキーを押す」でメニューが開いた。

Boot Driveの設定を見つけ出せれば、変更してF10とかでsaveするだけだ。

 

さて、USBメモリ中のubuntuが起動したら、左上のDashホームからターミナルを検索して起動。

次のコマンドを順番に打ち込んで行く。

 

~$ sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair

~$ sudo apt-get update

~$ sudo apt-get install -y boot-repair

~$ boot-repair

 

これが何をしているかというと、一行目でPPAのリポジトリを追加し、二行目でリポジトリのパッケージリストを取得、最新化している。

そして三行目でインストールだ。

オプションの -y は、途中の確認メッセージにすべてYesで答えると言う意味。

 

四行目を実行すると、boot-repairの画面が表示されるので、おすすめの修復(recommended repair)をクリック。

f:id:tylerhandstone:20140506182648p:plain

処理が終わったら再起動。

見事にubuntuが回復しているはずだ。

 

 これで直ってしまうのですから、コマンドを入力して直した頃のことを考えると隔世の感がします。話は前後しますがFedoraのようにペッケージングが違う場合はこのやり方ではできないと思われます。一応参考までに。