読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

自作弐号機、その後2.

デバイス

 昨日主要部品をLINE仲間に発送し検証依頼をした自作弐号機ですが、私はとんでもないミスをしていたことが判明しました。もともとIBM-PC/AT互換機のマザーボードの電源コネクタは20PINで始まりました。それが最近のPCI/PCIeスロットの装備に伴い、電源コネクタレセプタルが24PINに拡張されました。

 一方電源ユニットから伸びる電源ケーブルのプラグは未だに24PINではなく20PIN+4PINとなっているのがほとんどです。私は今回自分でやったCPU検証の時、4PINコネクタを接続しないで実験してました。先ほどマザボードASUS B75M-PLUSの説明書を調べたのですが4PINコネクタを接続しないとシステムが作動しないと明記されてました。これが原因だったのかもしれません。

 先ほど検証を依頼したLINE仲間にこの件を伝えておきました。明日部品が先方に届くので検証結果を待ちたいと思います。

 もしこれが事実だったとしたら私はかなりの思い込みをしていたことになります。

1.マザーボードの不良・・・マザーボードを交換してもらった。

2.CPUの不良・・・中古のCPUを入手した

3.ディスプレイの不良・・・テストに用いたアナログ・スクエアディスプレイの不良を疑いHDMI接続のディスプレイに差し替えた。

 いずれも結果はダメでした。まさか電源、それもコネクタを差し込んでいなかったのが原因とは夢にも思いませんでした。明日、早く原因がわかってほしい。そう願ってます。

 今回の件で胃や腰がすごく痛くなるような思いをしました。こんな思いをしたくないのが本音です。自分は自作に慣れているという思い込みをすると、とんでもないしっぺ返しを食らいますよ。いつでも初心に立って物事を見つめることの大切さを今回は教えてくれました。明日の報告を待ちたいと思います。