読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Happy Computer Life !!!双極性障害者 Chromebookの伝道師、MicrosoftOfficeとLibreOffice初心者、Starionのブログ

Chromebook、ChromeboxなどGoogle製品フェチです。PCからガジェットまで幅広く取り上げます。キーボードは英文Unix配列にこだわってます。仕事でMicrosoftAccessに深く関わってます。またLinuxの世界にもどっぷり片足を突っ込んでます。

HP製プリンターにこだわる訳。

 私は実家にいた時からプリンターはHPのプリンターを使い続けている。別にCanonEPSONでもいいのではと言われるが頑としてHPなのです。

 その理由、Linuxと相性がいい。私はLinuxを多用しているのでLinux環境で印刷できなければなんの意味もない。その点、HPのプリンターはHPLIPのライブラリにドライバが網羅されていてLinux環境からワンタッチで設定ができる。他社のプリンタも最近は徐々に対応してきているというが、OSがバージョンアップするとドライバーを組み直し、コンパイルし直す必要があるという。

 またレーザープリンターなら試したわけではないが、PostScript対応プリンターなら容易に接続できると思われる。本物のPostScript対応機はかなり高価なので安価なブラザーBR-Scriptなら同様な動作をすると思われる。

 しかしHPのプリンタは日本でも長く販売されているが、今や国内では1位 EPSON 2位 Canon 3位 ブラザー そして4位にやっとこさHPという有様。元は3位の地位であったが、新興メーカーのブラザーにあっさり抜かれてしまった。テレビのコマーシャルでもサーバーなどのコマーシャルは結構やってるが、プリンターのCMなど見たことがない。アメリカ市場では圧倒的なシェアを誇ってるが、日本市場ではこのザマ、早い話やる気が無いのである。