読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Happy Computer Life !!!双極性障害者 Chromebookの伝道師、MicrosoftOfficeとLibreOffice初心者、Starionのブログ

Chromebook、ChromeboxなどGoogle製品フェチです。PCからガジェットまで幅広く取り上げます。キーボードは英文Unix配列にこだわってます。仕事でMicrosoftAccessに深く関わってます。またLinuxの世界にもどっぷり片足を突っ込んでます。

我が社は昭和の魔窟。

障害

 きのうも会社で面白いことがありました。先日社長のブーズの本棚の上に何かがあることに気が付きました。壁からケーブルが本棚の上に伸びているのです。なんだろうと思って、脚立を持ちだして調べたところ、なんと光ファイバーの終端装置でした。それも光配線でしたのでフルスペック出る恵まれた環境でした。さらにその隣に黒い小箱が・・・なんとIO-DATAの無線LANルーターでした。

 当初無線LANはないと聞いていたので、これには色めき立ちました。すぐにSSIDとPINを控えました。そして社長にこの件について説明をさせていただきました。社長はただ「ほうっ」というだけ。手始めに社長のマシンから設定をしました。無線LANの認識とプリンタードライバの導入もしました。さらに私のいるオフィスにある2台のWindows7機にも設定をしました。ついでに私のスマホChromebookも認識させました。願わくは私が使ってるマシンにもネットを設定したいのですが、WindowsXPなのでそれは諦めました。でもいいことにプリンタがGoogleCloudPrintに対応していることもわかり、ちゃっかり設定させていただきました。

 会社には元建設関係の仕事をしていてJw_CADができる人はいるのですが、ネットワークシステム構築に通じている人はいませんでした。

 いやぁ我が社はほじくれば何が出てくるかわからない、昭和のテーマパークを通りすぎて昭和の魔窟というレベルです。

 うちの社長もデーターはUSBメモリを使ってました。社長にはNASを使ってデータの一元管理をお薦めしておきました。でもわかってるのかわかってないのか、要領を得ない返事でしたが。