読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

うちの会社の困ったやつ、Nくんの件。

障害

 久しぶりに書きます。内の会社にいる自閉的な傾向を持ち人間関係を持てないNくんの件でサービス管理者が困っているので、私の経験を踏まえて下記のような文章をまとめてみました。

 

 A様(当施設のサービス管理者)、いつもNくんの対応で大変な思いをしていると思います。私はいままで直接彼と一緒に仕事をしたこたことがないのですが、それでも彼の特異な性格は朝礼や終礼の時に感じるものがあります。

 彼への対応ですが、言っても聞かないし忘れてしまうと思います。それで昨日お話したとおり、良くないことをした時には反省文を書かせるのが第一の手段だと思います。ただ彼の文章能力などからして、ただ白紙の紙を渡しても「ごめんなさい」と一言書いておしまいになってしまうことも十分に考えられます。項目を列記してそれに対して書かせるのもいいと思います。例えば

1.なにをやってしまったか。

2.周りの人はどうおもっているか。

3.今後どうしたらいいのか。

4.お詫びの言葉。

というように箇条書きに書かせます。そして何回書いたら退職になるか社長から申し渡してもらうのです。一例として「5回目はないよ」と。何かあったら彼が書いた反省文を見せて「自分の言葉だよね」と言い聞かせる。何回やったら解雇になるかは社長の判断です。そのほうが彼にとってはインパクトはあると思います。仮に本当に解雇になったとしても彼が書いた反省文を行政にも見せて情報共有しておけば、まわりまわって彼のためになると思います。行政・地域全体が彼のような子どもを抱えさせるのです。

 ふたつ目の手は私の方でやっているAccessのデーターベース構築が峠を越しているので、(ダメモト承知のうえで)Nくんに一週間やらせてみようと思うのです。自尊心の高い彼ですから言われたらできないと言うことはないと思ってます。私はその間冷凍庫の方で仕事をします。週明け結果を見せてねといってユーザーインターフェースの作成をさせる。わからないと言ったら「僕もわからないところだらけだったよ、本を見たりスマホでネットを調べて情報集めをしてここまでやってきたよ、君もスマホを持ってるだろう?調べられるはずだよね、できないはずはないよね」とゴリ押しダメ押し。やってもらいましょ!結果を出してくださいねという話です。もちろんデーターを壊されるの覚悟でやりますのでバックアップを取ったうえでやらせたいと思ってます。結果は知的障害の子どもは論理思考能力が欠けるので最初からできないことはわかってますが敢えてやらすのです。彼のプライドを褒め殺し、徹底的に叩き潰しにかかるのです。おそらくT養護学校でもある程度パソコンを叩いたことぐらいはあると思います。できないとは言わせません。できれば31日(月)朝形式的に引き継ぎをしてみてはどうかと思ってます。

 私が受け持った生徒と比べてもNくんはかなり特異な例だと思ってます。学校でも当施設に泣きついて彼を預けたのだろうと思ってます。

 

 かなり後半はどぎついやり方ですがこのくらいのことをしないとダメかもしれません。あとは倫理的にどこまで許されるかです。