読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

Nくんの話

障害

 私の事業所の利用者にN君がいます。N君は一昨年市内の特別支援学校を卒業してこの施設にやって来ました。N君はこの施設でも最も重い課題を背負っている人物です。まず挨拶が出来ないのです。毎朝サービス管理者によって朝礼が行われるのですが、人の話を聞かないでスマホに夢中になっているのです。昼休みも集会所で一緒に食事をするのではなく、敷地の片隅で食事もしないでスマホのゲームか何かに夢中になっているのです。

 まるで引きこもりが会社に出張してきたというのが私の感想でした。時々出身校の先生が会いに来るそうですが、「あんた何しに来たの」と大変失礼なことを言ったというのです。うちに帰っても家族とも会話を避けてゲームに夢中している姿は引きこもりと言って間違いないと思います。その引きこもりが職場に出張してきているというのが私が感じた彼の姿でした。

 仕事をしていても勝手に15分も早く仕事を切り上げてしまうばかりか、同僚にもそのように促すという、自分のほうが社歴は長いから先輩なんだと言わんばかりの態度でした。

 私に対してもなんの会話も日常ない中、唐突に「パソコン詳しいんだって?どんなのがいいの?」と聞いてくるのです。要するに私のことをタバコを吸う時に使うライターのように、自分にとって便利に都合のいいように人を見下すのです。50歳を過ぎた私が20歳そこそこの若者にジャケに扱われるとは落ちぶれたものです。

 聞くところによると業務は一応一通りこなすそうです。ただこのような対人関係で社会を渡っていけるのでしょうか?時々来訪する教員も大変です。行ったところで施設側からいいこと言われることはないのですから、行かされる立場としては貧乏くじをひくようなものです。きっと胃が痛くなるでしょうね。

 一番かわいそうなのは、そんな自分に気づかない本人ではないかと思います。一生このような態度では職場でどんなに仕事ができても良好な対人関係を築くことは出来ないと思います。