読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

デバイス

 念願だったFILCO製茶軸キーボードが届きました。本当はもう少し後の予定でしたが喉から手が出るほど欲しくなってしまいました。ついに欲望に負けてしまいました。当然カミさんに怒られました。

 購入したのはFILCO製の英文・テンキーレス仕様です。メカニカルスイッチは茶軸にしました。LINEの仲間から聞いた話として、もっとも万人向きとの特性のスイッチというお薦めを受けました。また英文キーにした理由としてはChromebookがアメリカ仕様の英語キー配列なので統一感を出したいためもあります。Windows系は日本語キーにしてあります。

 実際打鍵した感触として、均一なトルクで入るので違和感が殆どなくスムースな使い心地です。このキーはChromeboxに繋げてあってソフトウェア上でCapsとCtrlを入れ替えてあります。日本語入力はCtrl+Spaceで切り替えなのでホームポジションから指を離さないで入力できるところがミソ。また日本語キーよりもBSキーが大きいので訂正が楽にできる点も見逃せないと思います。テンキーがないので机上でも場所を取りません。

 まだ打鍵して間もないしすべてのインプレッションにまでは至りません。おいおい時間をかけてこのブログに書きたいと思います。できれば他の色の軸も買えるなら購入してみたいと思います。