読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Happy Computer Life !!!双極性障害者 Chromebookの伝道師、MicrosoftOfficeとLibreOffice初心者、Starionのブログ

Chromebook、ChromeboxなどGoogle製品フェチです。PCからガジェットまで幅広く取り上げます。キーボードは英文Unix配列にこだわってます。仕事でMicrosoftAccessに深く関わってます。またLinuxの世界にもどっぷり片足を突っ込んでます。

Accessデーターベース構築その後。

ソフトウェア

 月初めにいまの事業所に就労して以来、顧客情報をAccessで管理するシステムを構築しています。

 ご存じの方にとっては簡単な話だと思いますがAccessでは「主キー」と言われる検索ポイントを設定する必要があります。お客様のデータを作成するときにレコードの先頭にIDが設定され、黙っていると主キーはIDに設定されてしまいます。顧客情報である住所や電話番号にキーを設定しようとしても出来ないのです。散々ウェブサイトを調べたところ、データーに問題があることがわかりました。

 すべてのデーターで必要な情報が埋められず空白になっていた部分があったのです。データーベース用語で言うnullというやつです。これが原因でキー設定ができなかったのです。それで空白の電話番号に「不明」という文字を全部書き込むことにしました。

 この件がわかったのは終業時間1時間前でした。焦って空白に不明という文字を叩き込んだのですが、時間切れになりました。ただこの件がわかったとき、まるで暗いところで鍵を持って鍵穴を探し回っていたのが、鍵穴にたどり着き鍵を差し込んで鍵を回し、鍵が開いたような感想を持ちました。これってすごい快感なんです。これがあるからコンピューターに関わる仕事って止められないんです。