読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

京都鉄道博物館、その1

旅行

 きのう行ってきた京都鉄道博物館の画像を今日は取り上げてみたいと思います。もともと京都鉄博梅小路機関区として蒸気機関車を動態保存していたところです。1970年頃、ちょうど当時の日本万国博の帰り東海道線に乗って梅小路機関区前を通りかかったことをいまでも覚えています。

ちょうど夏休みだったので、子供連れのご家族も多かったです。屋内の展示は基本静態保存ですが、今にも生き物のごとく動き出そうとしている、その存在感に圧倒されました。

 私ぐらいの世代では「湘南電車」と呼ばれた車両です。最後に乗ったのはクリーム色に塗装された栃木の両毛線だったと記憶しています。走り始めにギーッと唸るようなモーター音がしてましたね。

 あれっ10年ほど前まで現役で東海道新幹線を走っていた500系。早々と鉄博に登場です。私も数少ない新幹線搭乗経験の中で京都の往復でこの車両に乗ったことがあります。空気抵抗を極力減らすために円筒形の車体はいまの700系と比べてかなり狭かったと思います。また0系以来の全車両動力車で山陽新幹線では300km巡航をしています。

 特に新幹線は車体に過大な力が入るのか、車両寿命が思ったより短いように感じます。700系の次はどんな車両が登場するのでしょうか。続きはまた書きます。