読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

ChromeOS機器の市場性

ChromeOS

 アメリカでは今やChromeOS機器がAppleMacより売れているという。そりゃ売れるだろう。日本円でChromebookなら2万円ちょい。かたやMacは安くても12万以上はする。バッテリの交換などできないだろうが、限られた用途に使うということにすれば十分でしょうね。メールを読み書きする、YouTubeを見る、そう日本人必携のLINEもできる。私もうちに帰ればLINEは専らChromeOSでやってる。

 またWindows機の場合問題になるコンピューターウイルス対策もChromeOSならすべてGoogle任せで何にも必要が無い。

 またマイクロソフトオフィスに相当するドキュメント・スプレッドシート・スライドというChromeブラウザに付随するアプリもついてくる、もちろん無償。必要なアプリはアプリストアのようなところから拾ってくればいいだけ。大部分は無償、有償なものもあるけどごく安い場合が多い。。またドキュメントなどのアプリでマイクロソフト・オフィス製品のデータの読み書きもできる。作ったものはクラウドに投げるだけ。

 また初期設定でGmailアカウントを設定するがスマホで使っているGmailアカウントと同じでいい。外ではアンドロイドスマホでメールを見て、うちに帰ったらゆっくりChromebookやChromeboxで閲覧すればいい。何よりスマホとノート・デスクトップ機で同じアカウントの統合環境が構築できる点は素晴らしいと思う。