読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skunkのブログ

双極性障害2級です。A型授産施設に通所しながらPC全般に関わってます。最近は画像処理に関わってます。

ChromeOS製品の入手方法について。

ChromeOS

 私の場合、ChromeOS製品はChromebook、Chromeboxと二台持ってます。ただ入手当初、全く日本国内のいわゆる正規品はありませんでした。Chromeに関する情報は当時、北米に住んでいたうちの長男からもたらされました。アメリカではWindowsXPが終わったあと、Chromeに乗り換える人が多くいると。
 その情報からアメリカのAmazonに直接発注して購入しました。クレジットカードをお持ちの方なら簡単にできます。アカウント作って検索かけてポチッとやればOk。Chromebookの場合で本体200ドル程度、送料が50ドルぐらい。中5日程度で日本に届きました。国際物流は私の時にはUPS(United Psercel Service)国内ではヤマトが持ってきました。現在はUPSの子会社のi-percelという会社が運んでくるようです。

 Chromeboxも最近は国内で出回ってきているようです。しかし本体価格がやはり200ドル程度の品なのに国内正規品はワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスとセット販売になり35000円程度とかなり高価になりました。これもアメリカのAmazonから本体だけ購入して手持ちのキーボードとマウスを繋げればいいだけのことです。

 もっとひどいのはHDMIコネクタに直結して使えるChromebitです。アメリカでは100ドル以下だというのに日本ではこれまた2万円近くします。おいっGoogleさん、やる気あるのか!と文句をつけたくなります。

 最後に日本語化の問題です。アメリカから輸入したChromebookの場合キー配列がUS English配列なので記号の場所が違ってきます。これはある程度慣れの問題だと思います。またChromeboxの場合、初期設定で日本語を選べばJIIS配列キーボードを認識してくれますので安心です。手持ちのキーボードをつなげてください。